Google Search Consoleで検索結果を改善させる

google-search-console MEO

Google Search Consoleはウェブマスター(Webサイトの管理者)向けに提供されてる無料のツールです。2015年からは、Webデベロッパーやマーケティング担当者など一部の専門家に限らず「全てのユーザー」を対象としたツールにコンセプトが変更され、一部機能が刷新させました。

google-search-consoleのウェブサイトTOPページこのツールを使うと、ユーザーがどのような検索ワードでサイトへランディングしたのかなど、サイトに訪れるユーザー動向を分析できます。この手の有名な解析ツールでは「Google Analytics(グーグルアナリティクス)」が有名ですが、こちらはサイトに訪問したあとのユーザー行動を知る分析ツールです。「Google Search Console」は、訪問前のユーザー行動を知ることのできる「Google Analytics」とはまた違う視点で分析できる、MEOやSEO対策に欠かせないツールです。

Google Search Consoleでわかること、できること

Google Search Consoleの活用方法は、自社サイトをグーグルの検索結果に正しく表示するために用いられます。このツールを使うと、自社サイトがGoogleにどのようにインデックスされているかを確認でき、サイトパフォーマンス改善策を知ることができ、検索結果の改善に繋げられます。

Google Search Consoleでは下記のように、検索キーワード、そのキーワードの表示回数、キーワードのクリック数を知ることができます。さらにページテストを実施してエラーとアラートもわかるため、Googleにインデックスされているページの有無を確認することができます。さらに、Google Search Consoleには検索キーワードやクリック数をデータから、ターゲットとするキーワードに対して十分なクリック数がにあるか確認も可能です。

エラーや警告の確認

Google Search Consoleでは、HTMLのテストを実施し問題があれば「エラー」や「警告」で不具合の状況と解決策が表示されます。
また、近年必須のモバイルユーザビリティもチェックされ、モバイルフレンドなサイトであるか確認できます。
サーチコンソールの画面

検索状況の確認

検索パフォーマンスでは、キーワードが検索結果の何番目に表示されたのか、ユーザーがどのようなキーワードでサイトに到達したかなどの情報を知ることができ、さらにどこから(国別の訪問者)、どのようなデバイスで(パソコンやスマートフォンなど)サイトを訪問したのかが分かります。
サーチコンソールのグラフ画面

外部リンクと内部リンク

他のサイトからのリンク(外部リンク)や自サイト内リンク(内部リンク)を知ることができます。その中でも外部リンクの「上位のリンクされているページ」と「上位のリンク元サイト」確認し、どの程度外部からリンクされているかサイテーションの効果を分析することができます。
サーコンソールの外部リンクと内部リンクを示した画像

Google Search Consoleを使った具体的な改善方法

まずGoogle Search Consoleを使って定期的に通知の変化をチェックします。基本は検索順位やクリック数を確認し、これらの相関性から、自社サイトの問題点を見つけ出し改善します。

キーワードの表示回数が多いが検索順位が低い場合

検索キーワードの表示回数の割に順位が低い場合、ユーザーは、そのページ(情報)に満足していないため、内容を改善が必要となります。多くの場合、コンテンツの質や情報量の不足しているケースが考えられるので、見やすさ、わかりやすさを意識して、ページの質と内容を充実させてください。
問題のキーワードで検索し、上位に表示されている他のサイトをリサーチするのも有効です。ユーザが求めている情報に合致した内容に拡充することができたら、クリック率が向上し、掲載順位が上がるかもしれません。

キーワードの掲載順位は高いがクリック率が低い場合

この場合、検索結果のタイトルやディスクリプションの改良が必要となります。タイトルやディスクリプションは読まれているにも関わらず、クリックされていないということは、そのページにユーザーが求めている情報はないと判断されているためです。せっかのページが見られない事態は避けなければなりません。魅力的な言葉を見つけ出しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

Google Search Consoleは比較的簡単に登録でき、その機能は高機能です。
この便利なツールを使いこなしてホームページを最適化してみてください。

コメント