SEM(検索エンジンマーケティング)とは

SEM(検索エンジンマーケティング) マーケティング

 

スポンサーリンク

デジタルマーケティングにおけるSEMとは?

SEOとMEOは、どちらも”最適化”を指すが、SEMは検索ユーザーに対しインターネットをとおして様々なかたちで集客アプローチをかけるマーケティング手法のひとつです。SEMについて考えてみたいとおもいます。

SEOとは、Search Engine Optimization (検索エンジン最適化)の略であり、検索結果で自社サイトを多く露出をするために行う一連の取り組みのこと。SEO対策や検索エンジン最適化とも呼ばれる。
MEOとは、Map Engine Optimization(地図エンジン最適化)の略称で、地図検索で地域とキーワードに該当する店舗が表示された際に、自社サイトを多く露出するためにおこなう施策。主にGoogle マップ向け。
SEM(Search Engine Marketing)とは、検索エンジンマーケティングの略称で、検索エンジンやディスプレイ広告経由でWebサイトへの来訪者を増やすマーケティング手法。

SEMはSEOやMEOなどの最適化を含む

検索エンジンからの訪問者を増やすマーケティング手法の総称を「SEM」と呼び、「SEO」や「MEO」はその検索エンジンマーケティングの手法のひとつである。SEMは、SEOとMEOを内包している。
SEMはSEOとMEO、リスティング広告を内包する

 

対策と必要とする領域

google検索に表示される各領域

マーケティングにおける施策別に領域を色分けしてみた。当然だが、画面上部が最もユーザーの視認性が高い。検索結果の画面レイアウトをみると、最上部にリスティング広告、中段に地図検索(MEO)、下段に自然検索(SEO)という順で結果が表示される。(2019年3月時点)

もし露出効果を狙う場合、最も効果的が期待できるエリアは、最上部の“リスティング領域”となる。マーケティングにおいて即効性を求める場合は“リスティング広告”実施すべきであり、広告費用をかけず費用体効果を狙う場合はMEO(店舗集客型に限る)か自然検索(SEO)での施策を実施することになる。

参考:検索結果での強調スニペット – Googleサーチコンソールヘルプ

リスティング広告とその他の施策の特徴

 

施策メリットデメリット
リスティング広告最も露出度の高い位置に掲載される費用対効果が悪い
SEO内製可能(外注しない)な場合はコスト低確実性に欠け、正確な効果測定が難しい
MEO最もCP(コストパフォーマンス)が高い店舗集客型以外では効果が期待できない

キャンペーンなのか、はたまたロングテールなのかにより、とるべき施策が異なる。このように目的に応じて、ベストな施策を検討するのが検索エンジン対策、“SEM”(Search Engine Marketing)なのである。

まとめ

ネット集客において費用対効果を考慮した運営は重要であり、その上でSEMはウェブマスターの必須ナレッジといえる。

ポイントはあくまでも、ユーザーファーストの視点に立った展開が重要であることと、集客や売上を最優先するマーケティング戦略では、コンテンツが資産とならず失敗する可能もあるため注意が必要だ。

コメント