Googleマップ突然の劣化、北海道でも

Googleストリートビュー

こんにちは、Google認定フォトグラファーのしげきです。

2019年3月21日から発生してる、Googleマップの表示具合が波紋を広げてるようだ。

そういえば、Googleの不具合は少し前からストリートビューアプリではログインできなかったり、バーチャルツアーの移動エフェクトが乱れたりなどの不具合が発生していて、先輩パートナーも困っていた。

Googleマップが突然の劣化、ゼンリン地図から自社地図に変更か?
Googleマップの表示がおかしい。3月21日頃から、Googleマップの不具合を訴える声が各所で相
スポンサーリンク

奇妙な表示

本来は山岳地帯のはずが、湖に

庭のはずが道路に

北海道では日高線が消える!

左が国土地理院。右かGoogleマップ

 

背景にゼンリンが関係か

Google Japan Blogによると、Google マップの新しい地図は「ストリートビュー画像、交通機関を含む信頼のおける第三者機関から提供される情報、最新の機械学習技術、地域のユーザーの方々からのフィードバックなどを活用し、新しい地図を開発しました」と説明。

これまでGoogleマップ(日本)は国内大手のゼンリンから提供を受けていた。しかし、Googleマップの著作表示からは、記載されていたはずのゼンリン表記が消え、「地図データ (C)2019 Google」となっている。

ゼンリン株価も急落

Goolgeとゼンリンとの間でなにがあったのか。

ゼンリンの株価チャート

今後の展開が気になる。

コメント