ビジネス向けモデル「RICOH THETA SC2 for Business」2020年3月中旬発売

スポンサーリンク
RICOH THETA SC2 for Business話題
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

リコーとリコーイメージングは、ワンショットで360°の静止画や動画を撮影できるカメラ「RICOH THETA(リコー・シータ)」のエントリー機種「RICOH THETA SC2」のビジネス向けモデルとして、「RICOH THETA SC2 for Business」を3月中旬に発売する。

 

「RICOH THETA」は2015年、THETA Sの発売以来、これまで「THETA SC」(2016年10月28日発売)、「THETA V」(2017年9月15日発売)、「THETA Z1」(2019年5月24日発売)、「THETA SC2」(2019年12月13日発売)と6つのモデルを投入してきた。今回その「THETA SC2」のビジネス用モデルとして、「RICOH THETA SC2 for Business」が登場する。

RICOH THETA SC2 for Business

「RICOH THETA SC2 for Business」は、ビジネス向けモデル専用のグレーの本体色に、室内・車内の撮影に適したHDR撮影の設定で撮影ができるプリセット「Room」を搭載。

これにより、室内を撮影されることが多い不動産業や、車内を撮影されることの多い自動車販売業などのビジネスユースとって、使い勝手のよいモデルとなっているという。

「RICOH THETA SC2 for Business」は、「RICOH THETA SC2」と同様に、約1400万画素に相当する360°の全天球静止画と、4K(3840×1920ピクセル)相当、30fps(フレーム/秒)の360°撮影に対応。また、状態表示OLED(有機ELディスプレイ)により、設定モードや電池残量などの各種情報が一目で確認できるほか、セルフタイマーモードへの切り替えボタンにより、カメラ単体での操作がしやすくなっている。

Googleストリートビュー業界でも大ヒットしたTHETAシリーズ。今後もビジネス市場における需要の拡大が想定される。

【発売日】2019/12
【外形・寸法】
45.2mm(幅)×130.6mm(高さ)×22.9mm(17.9mm*6)(奥行き)
【質量】約104g
【静止画解像度】JPEG:5376×2688
【動画解像度/フレームレート/ビットレート】4K:3840×1920/29.97fps/54Mbps(High),32Mbps(Low)
2K:1920×960/29.97fps/16Mbps(High),8Mbps(Low)
【ライブストリーミング解像度/フレームレート(USB)】
【マイク】
モノラル
【記録媒体/記録可能枚数、時間 *2】内蔵メモリー 約14GB
静止画:約3,000枚
動画(1回の記録時間):最大3分*3
動画(合計の記録時間):(4K)約32分、(2K)約115分
【対応アクセサリー】三脚/スタンド(三脚ねじ穴付属)/水中ハウジングケース(TW-1)
【同梱品】ソフトケース、USBケーブル
【撮影距離】約10cm~∞(レンズ先端より)
【撮影モード】静止画:オート、シャッター優先、ISO優先、マニュアル *2
動画:オート
【露出制御モード】プログラムAE、シャッター優先AE、ISO優先AE、マニュアル
【露出補正】静止画・動画:-2.0~+2.0EV 1/3EVステップ *2
【ISO感度(標準出力感度)】静止画:(オート)ISO64~1600、上限設定可能、(ISO優先、マニュアル)ISO64~3200 *2
動画:(オート)ISO64~6400、上限設定可能
【ホワイトバランスモード】静止画・動画:オート、屋外、日陰、曇天、白熱灯1、白熱灯2、昼光色蛍光灯、昼白色蛍光灯、白色蛍光灯、電球色蛍光灯、水中、色温度(2500K~10000K) *2
【シャッタースピード】静止画:ノイズ低減、DR補正、HDR合成、インターバル撮影、マルチブラケット撮影、セルフタイマー(2,5,10秒)、マイセッティング
動画:セルフタイマー(2秒,5秒,10秒)、マイセッティング
Preset:顔、夜景、車窓
【撮影時機能】静止画:ノイズ低減、DR補正、HDR合成、インターバル撮影、マルチブラケット撮影、セルフタイマー(2,5,10秒)、マイセッティング
動画:セルフタイマー(2秒,5秒,10秒)、マイセッティング
Preset:顔、夜景、車窓
【電源】リチウムイオンバッテリー(内蔵) *4
【電池寿命】静止画:約260枚*5
動画:約60分*5
【記録ファイル形式】静止画:JPEG(Exif Ver2.3) DCF2.0準拠
動画:MP4(映像:MPEG-4 AVC/H.264、音声:AAC-LC(モノラル))
【外部インターフェース】microUSB:USB2.0
【リモートレリーズ】CA-3に非対応
【レンズ構成】6群7枚
【レンズ_F値】F2.0
【撮像素子_サイズ】1/2.3(×2)
【有効画素数】約1200万画素(×2)
【出力画素数】約1400万画素相当
【無線準拠規格】IEEE802.11 b/g/n (2.4GHzのみ)
Bluetooth 4.2
【無線対応チャネル】2400MHz ~ 2483.5MHz
【無線_通信プロトコル(WLAN)】HTTP(Open Spherical Camera API v2対応)
【無線_通信プロトコル(Bluetooth)】GATT(Generic Attribute Profile)
【使用温度範囲】-20℃~60℃
【使用湿度範囲】90%以下
【保存温度範囲】-20℃~60℃

*1 枚数および時間はあくまでも目安です。撮影状況により異なります。
*2 モード変更やマニュアル設定にはスマートフォンが必要です。
*3 連続して撮影を行うなど、内部温度が上昇した場合は自動終了します。
*4 付属のUSBケーブルでパソコンに接続して、充電してください。
*5 撮影可能枚数および時間は当社測定方法による目安であり、使用条件により変わります。
*6 レンズ部を除く。
■仕様、デザインなどは予告なく変更する場合があります。
■その他、記載の商品名、会社名は各社の商標もしくは登録商標です。
■Bluetooth®のワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG, Inc.が所有する登録商標であり、株式会社リコーはこれらのマークをライセンスに基づいて使用しています。
■仕様は2019年11月時点のものです。

THETA
Anyone can easily capture and share images and video with the 360-degree camera and app
話題
スポンサーリンク
しげきをフォローする
スポンサーリンク
しげきです。

コメント